toggle
2016-06-30

簡単すぎて美味しい味噌漬けのお漬物


お漬物

お漬物が好きです。

最後の晩餐は?と、尋ねられたら、

白いご飯とお漬物と答えます。

雑穀米も好きですが、お漬物とともに味わうには、

白米が最高です。

お漬物の塩分で、白米の甘味がことのほか引き立つからです。

 

お漬物には、たくさんの種類がありますが、

特別感で抜きんでているのは、京都のお漬物です。

素材の味を大切にした薄味であるにもかかわらず、

深みのある味わいで、いただくと幸せを感じます。

薄味の対極にある奈良漬けも、大好きです。

濃く、こちらも深みのある味わいが、

白米の甘味を、再々確認させてくれます。

美味しいお米が、ますます美味しく感じられます。

 

全国各地に、ご当地自慢のお漬物があります。

東北地方にある数種類の刻み野菜のお漬物で、

九州では食べる習慣のない菊の花が入ったお漬物は、

珍しく、たいへん美味しく感じます。

また、高菜漬け、野沢菜漬けなど、

広げるとおむすびが包めるものも大好きです。

 

毎日の朝食に、そんな美味しいお漬物を頂ければ嬉しいのですが、

質素倹約を心がけていれば、それはちょっと贅沢です。

お手頃価格のお漬物がお店にたくさん並んでいますが、

食品添加物の存在が気になって、

自分で漬けようという結論に達します。

便利なパッケージに入ったぬか漬けの元が販売されています。

夏になると活躍します。そして秋には挫折します。

簡単に、安く、安全なお漬物・・・

 

身近な野菜にお味噌を塗って、ポリ袋に入れてみました。

少量のお味噌で済むように、空気をなるべく抜いて、

お味噌の塩分が行き渡るよう注意して、

冷蔵庫で二日ほど置いてみました。

すると、ちゃんと、お漬物らしくなりました。

とても簡単にできました。

野菜から水分が出ますので、いちど漬けたお味噌はおしまいですが、

一度に大さじ一杯ほどのお味噌しか使いませんので良しとして、

ポリ袋も、そのままゴミ袋にして捨ててしまいます。

 

季節の野菜と、大さじ一杯のお味噌とポリ袋一枚。

これで、食卓に、小さな幸せがプラスされました。

なんともお手軽な幸せです。

 

 


☘スポンサーリンク☘
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です