toggle
2016-06-23

暮らしの友~カット新聞紙は大活躍!


新聞紙を使って簡単お掃除

新聞紙を小さく切ったものを、常備しています。

新聞紙は縦方向には楽に手で裂くことができますので、

一日分の新聞紙を広げ、まとめて縦方向に六等分します。

次に、横方向には滅法丈夫なので、はさみで三等分に切ります。

すると、ちいさい長方形がたくさんできます。

これを、キッチンの、すぐに取り出せる引き出しに入れておきます。

これで、かなり長いこと活躍してくれます。

どう活躍するかといいますと、まず油拭きです。

お皿を洗う前に、油を拭き取ると楽なことはご存知の通りです。

灰皿の灰を捨てる時は、新聞紙を濡らして、

灰皿にカバーしてゴミ袋に運ぶと、灰が飛び散りません。

いろいろお掃除に使えますが、

何しろ新聞紙ですので、インクが多少移ります。

ほこり取りにもよく使いますが、

インクで少し黒くなってきたら、

時々メラミンスポンジなどで綺麗にします。

資源ごみを資源にしないことに、多少の罪悪感がありますが、

たった一日分の新聞紙がひと月くらい役に立ってくれますので、

新聞紙の一生としても悔いはないのではと、

勝手に納得しています。

 

同様に、木綿の古着も、時間の余裕がある時に小さく切って、

洗面所とトイレに常備します。

古いストッキングや靴下も、洗面所をピカピカにしてくれます。

お掃除をしながら、今までお世話になった古着たちに、

ここも綺麗にしてくれてありがとうと、感謝してゴミ箱へ捨てます。

 

新聞紙にしても、古い布にしても、

使用後、洗う手間をかけずに、そのまま捨てられるのが良いところです。

忙しい毎日、なるべく楽に綺麗を保ちたいと思います。


☘スポンサーリンク☘
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です